戻ります>HOME>ゴルフ場ニュース トップ>鈴蘭高原カントリークラブ ゴルフ場ニュース

鈴蘭高原カントリークラブ 関連ニュース

2018/02/09

別会社が事業を継承し営業再開予定

経営不振を理由に今年の11月30日をもって閉鎖を発表した「鈴蘭高原カントリークラブだったが、東海ラジオ放送株式会社は、鈴蘭高原カントリークラブ(岐阜県高山市朝日町西洞1628−1)と高山市内の別荘を運営する子会社「御嶽鈴蘭高原観光開発株式会社」の全株式を4月2日付で株式会社佐合木材(岐阜県美濃加茂市)に譲渡すると2月1日に発表した。
今後は、株式会社佐合木材(代表取締役:佐合隆治)がゴルフ場及び別荘の運営を引き継ぎ、従業員の雇用も維持される。
来春には新体制でのパブリック運営となる模様。
2017/06/08

ゴルフ場の営業を終了

昭和46年開場の「鈴蘭高原カントリークラブ」が、平成29年11月末をもって、ゴルフ場の営業を終了することが判明しました。
会員(約650名)へは預託金全額を返還する方針で、年内にその手続きを進める。
経営会社の御嶽鈴蘭高原観光開発鰍ヘ、今シーズンでゴルフ場の営業は終了するが、別荘地分譲や別荘管理の事業は継続する方針。
スキー場も営業していたが、平成17年のシーズンで営業を終了していた。
同社の親会社は東海ラジオ放送梶B
ゴルフ場の跡地についての利用法は決まっていない。
2016/01/18

中日カントリークラブと友好提携を結ぶ

鈴蘭高原カントリークラブは、今季冬より中日カントリークラブと提携。
これにより、中日カントリークラブで全日メンバー料金でプレーが出来る事となります。

関連情報

PAGE TOP